Music , Graphix Design and Life Style.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
生きてるだけさ、怖いものなんてない。
2008-12-16 Tue 00:57
ということで、
the pillows LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR @ 赤坂BLITZ
に行ってきました!

=Set List=

RAIN BRAIN
STALKER
Degeneration
FUN FUN FUN OK!
Juliet
Sick Vibration
Beehive
Moon is mine
ウィノナ
昇らない太陽
Nowhere
Wake up, Frenzy!
サヨナラサマー
シュガー・ナイトメア
Skim heaven
HERT IS THERE
SUISIDE DIVING
サリバンになりたい
Ritalin 202
モールタウン プリズナー

EN1
Paper Triangle
ムーンマーガレット

EN2
No substance

MC1
さ「みんな元気?先日、40歳になりました。
で、さっき楽屋でマネージャーの三浦と新井さんにプレゼントを貰ったんだが、
”シミやくすみ対策に”って書いてあるクリニークの化粧品だったw
あのー、シミとかくすみがあること前提ですか?(笑)
・・・次、会う時はきっとキレイになってるから(笑)」

MC2
さ「ちゃんとFor Maniac Fansと書いたにも関わらず集まってしまいましたね。
大体、一般人からしたら、
ピロウズのシングル並べられてもマニア向けだっつーの(笑)
そんな君達の普段が心配でしょうがないんだが(笑)
・・・きっとどうしようもないダメ人間ばっかり集まってんだろうが、
今日は可愛がってやる!」

MC3
さ「次にやる曲は”昇らない太陽”という曲なんだが・・・
この曲を書いたとき、僕は人生何期目かの落ち込んでた時期で・・・
あ、ちなみに青春時代から20代はずっと暗かったって思ってくれていい(笑)
丁度ハッピービバークを出した頃、
キングレコードの経営者が変わって、経営方針も変わってしまって、
ハッピービバークの次のアルバム、
Smileなんてシングル切ってないじゃない?
あれもキングレコードの経営方針が変わって、
”ピロウズなんかシングル出しても売れねぇから出すな!”
って言われたからで。
でも、PVを撮らないと映像の仕事はゼロになってしまうから、
一応PVだけは撮ったんだ。(参考1)
その後のアルバム、Thank you My Twilightも、
バビロン天使の詩のPV覚えてる?
あんな感じになっちゃって(笑)
まぁ、あれはどっちかって言うとプロデューサーとの行き違いなんだけど(笑)
自分はサロンミュージックのPVみたいなのをイメージしてたんだけど、
なんか、あんな感じに(笑)
リトルバスターズ、ランナーズハイあたりでCDの売り上げも伸びてたし、
ライブの動員も、前のBLITZってこの倍くらいの広さがあったんだけど、
それもほとんど埋まってたし、
でも経営方針が変わってプロモーションに使う金はガクンと減らされて・・・
僕は、それでも音楽だけは繋がっている、そう思ってたんだけど、
”インスタントミュージックみたいなのは違うと思います”
みたいな事も言われて。
そんな感じで、予想外の出来事が重なって、
どんなに良い曲を作ってもその努力が報われないんだ、
俺って売れないんだって思ってたのがThank you My Twilightの頃だった。
そんな状態で、
病院に行ったら鬱と診断されるぐらいの精神状態で「昇らない太陽」を作ったんだけど、
まぁ、行かなかったからセーフだったんだが(笑)
曲が出来上がったら、
半透明の自分が抜け出して”やった!良い曲できた!イエ~!”って言ってるんだよw
怖いよなw
・・・例えば仮にしんちゃんが死んだとして、
とても悲しい気持ちになるんだろうけど、
それですばらしい曲が出きたらやっぱり”イエ~!”って言うんだろうな(笑)」

MC4
さ「今日はマニア向けなので、
普段はやらない曲もやろうと思ってて、
PUFFYにこれまで3曲、曲をお願いされて提供してるんだが、
・・・なんかPUFFYに曲をお願いされるって、
ソングライターとしては、ステイタスじゃないか(笑)
その中で一番好きな曲をやろうと思います。」

MC5
さ「次はV6からお願いされた曲で、
三宅君がピロウズを好きで、一応3曲提供したんだが、
そのなかで選んでもらった曲を」

MC6
客「札幌から来たよ!」
さ「あのー、、、僕は小樽市の銭函という村の出身なんですが(笑)、
先日、母、愛子が70歳になりまして、
我が家は50、60、70みたいに、
10歳刻みで誕生日には親族が集まるっていうイベントがあるんですね。
うちは男3人兄弟なんだけど、兄の子供たち、
まぁいとこにあたるんだけど、そいつらがみんな吹奏楽部で(笑)
夜中まで演奏してんだよw
で、真ん中の兄がどんな曲でも即興でギター弾けちゃう人で、
いろいろやらされてたんだが、
最近、うちの母親は熱狂的なピロウズファンでw
今日も来てるんだけど、
もちろんアナザーモーニングを歌ったんだが、
最後終わったとき、
”もうワンコーラスだけやって”
って言うんだよ。
なんで?って聞いたら・・・あぁコレ言ったら後で怒られるかな(笑)

”踊りたい”

って(笑)
兄貴の嫁も
”衝撃発言?”
とか言ってて(笑)
”あ~どんなに~”って歌ってる横でこんな(ツイスト)やってて(笑)
いや~、、、凄い、、、」

MC7
さ「ベース、淳」
淳「自分も先日40になりました。誕生日のプレゼントにPEEちゃんから
藤岡藤巻さんのCDを貰いました。
それまではシンちゃんとPeeちゃんが聴いているのを、貸してと頼んでも
”お前にはまだ早い”と言われて 聴かせてもらえなかったんですが、
やっと解禁してもらいました。心に染みます。」
さ「え、俺CD貰ってないけど?・・・って淳それで終わり?
フェードアウトかよ、じゃあ真鍋君」

P「私も家族ネタ言っていいですか?
私の妹が家職である美容師やってるんですが、その妹から昨日、
”雑誌のananにピロウズが載ってた!”とメールを送って来たのですが、
”藤田さんがピロウズのこと好きなんだって”
とあったので、どの藤田さんのことか分からなくて
”まこと?”
と 返信しました。
藤田って誰?プロレスラー? 」
さ「お前アホか!大体嘘じゃねぇの?
こんなに人がいるのに反応が無いってことは。
藤田さんって誰だか知ってる?」
客「編集部の人!」
さ「あ、ananの編集部の人ってこと?
・・・そんな小さなことで騒ぐバンドですw」
じゃあ、しんちゃん」
し「死んだことにされたシンイチロウです。
先ほどから皆さん家族愛に溢れたお話をされていますが、
バンビ共々、家族愛に溢れたピロウズを今後とも宜しくお願いします。」

MC8
さ「ピロウズは、レコード会社からのジャンプ台でジャーーーーンプ
・・・出来なかったバンドなので(笑)
ずっと地道に、
一歩一歩歩いて、
1曲1曲良い曲を作って、
1回1回良いライブをやって、
聞いてくれた誰か、
どうか好きになってくださいw
って気持ちで、これからもやって行きます!(笑)」

参考1

あのエピソードを聞いた後だと、
かなり悲しい映像にも見える・・・
スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
THE PREDATORS@横浜BLITZ
2008-11-09 Sun 23:01
と、いうことでプレデターズのツアーファイナルを見届けてきました!
チケットとか取ってなかったんだけど、
片道たったの420円・・・
これは一か八か当日券狙うのもアリかも?
と思って行ったら、
客入れが完了した段階で当日券が出た!
アウイエ!

こうやってフラフラ横浜に来れてしまうなんて素晴らしい!
部屋から駅まで近いから、
部屋のドアを開けて40分後くらいにはもう横浜にいる。
うーん、素晴らしいな。

折角なので壱六屋っていうラーメン屋に行きたかったんだけど、
閣内店は日曜定休ってどういうこと?
横浜にラーメン食いに行きたい人募集(笑)

どんどんプレデタの話から遠ざかってるけど、
更に遠ざけると、
オレの中の横浜のイメージって、
黒沢明の「天国と地獄」なのね。
そして今もあの映画の頃と変わってない場所もあるらしい。
そんな人にも街にも裏表がある場所だとオレは思ってます。

・・・で、プレデタなんだけど(笑)
今回はPA脇で見てたけど、
横浜BLITZって音響がサラウンドになってんのね。
ライブなのにサラウンドって、と思ってたけど、
もー大規模ライブハウスはみんなサラウンドにしちゃえば良いんじゃないかとw

MCは面倒なので端折るが、
基本的にはZeppと一緒w
最初「Zepp来たヤツどんくらいいる?」
って手を挙げさせて、半分くらい手を挙げたもんだから、
「うわーやべー!」
「さも初めて聞いたようなリアクションをして下さいw」
みたいな事を訴えてたw

あとは小室逮捕の話とか。
「自家用飛行機とか、海外に別荘とか、
絵に書いたような金持ちだったのにな~
・・・それに比べてGLAYの質素な事w
こないだなんて、JIRO君、自転車でスタジオ来たしねw」

みたいな話を延々とやってくれてたよw

あ、あとどうでもいい話だが、
横浜からずーっと同じ電車に乗ってたプレデタのバック持った女の子がいて、
乗り換えしてもさらに一緒で、
どこまで一緒なんだ?と思ってたら同じ最寄り駅で降りてたよw
これで隣の部屋の住人だったら、
明日には婚約してるとこだったなw

そこまでの奇跡は流石に無かったがw
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
THE PREDATORS@Zepp Tokyo
2008-11-05 Wed 01:02
01 Last Hunting
02 C.R.S ←
03 ROCK'N'ROLL LAY DAWN

04 Recall me
05 Sleepy Dragon
06 GOOD MANNER(新曲)
07 Dizzy Life
08 GUN LOCK
09 ISLAND
10 Breed(NIRVANA Cover)
11 Molly's Lips(NIRVANA Cover)
12 Goodbye Goblin(新曲)
13 新曲 (inst)
14 ムスタング ヒッピー
15 LIVE DRIVE

16 爆音ドロップ

17 WILD TIGER

en
18 SHOOT THE MOON

19 C.R.S ←
20 Lizard man

ということでプレデターズ行ってきました!
いやー、もうあんな近くでJIRO様を見れる日は来ないだろうな~w
で、今夜のライブはDVDになります!
レポ面倒いから、
気になる人は買ってねw

とりあえず少しMCをばらすと、

さわお「仙台への移動中、今回は一人っきりで、
マネージャーも誰もナシで、
本当に一人っきりで移動したんだ。
そして僕は窓側の席で、
その席に全く知らない人オッサンが座ってて、
このオッサンがやたらマナー悪くて。
”そこ、僕の席ですよ”
って言ったら無言で席移動して、
でも、あの、なんか下ろして使うテーブルみたいなのあるじゃん?
あの上にビールやらつまみやらNewsPaperやら置きっぱなしで!
これはそういう事なのか?
と思ってスルスルと席に潜り込んだんだが、
オッサンの携帯が鳴り出して!
マナーモードにしてねぇの!
で、もうこの時点で怒り爆発で、
・・・でもなんというか、
このオッサンが50か55ぐらいで、
(ここで客笑い)
ん?なになに?何か気に食わない事があれば全力で謝りますけど!
・・・とにかく、この時点て怒り爆発で、
でもここでやり合ったら完全にオレが悪者じゃないか?
なので2日前、
”GOOD MANNER”という新曲を書きましたw
今日はその曲をやろうと思います」
→GOOD MANNER

というMCがありました。
ただね~この曲。。。
どう見ても、いやいや聞いても・・・



NIRVANAのStayAwayのサビを
「GOOD MANNER」
に変えただけwww




どんだけやねんw
しかも客にカンペ持たせてたしw
あと、セットリストに←つけてるんだけどさ・・・

さわお、2曲目のCSRをミスったので
「今からあり得ない事言っていい?」
って言って、失敗したCSRをアンコールでやり直してたwww
ホントあり得んわwww

多分DVDだと2曲目のCSRカットで、
何事も無かったようにアンコールに繋ぐんだろうなwww

まーあとはビックリするポイントいっぱいあるから。
最後の客出しは、多分運営側も予想してなかった映像が映ってるはず。

何より、予想を遥かに超えて客のノリが良くてね~
これまでの東京のライブで一番楽しめた!
JIRO様も拝めたしw

しかしなんか隣に大砲の弾みたいな生き物がいたんですけどw
この弾、開演直前に右の方から飛んできたからねw
いや~ビックリしたわ~
JIRO様、いつもこんな大砲の弾に囲まれてんのか。。。

まーとにかく良いライブでした!
あとは来月のピロウズで今年のライブ納めかな~
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
the pillows PIED PIPER TOUR @ Zepp Tokyo(0921)
2008-09-22 Mon 17:23
SET LIST

PIED PIPER
No Surrender
Mr.Droopy
ターミナルヘヴンズロック
New Animal
バビロン 天使の詩
Across the metropolis
Tokyo Bambi
Go!Go!Jupiter
ビスケットハンマー
Kim deal
Tokyo Zombie
Last Holiday
日々のうた
TRIP DANCER
メロディ(新曲)
Ladybird girl
Purple Apple
That's a wonderful world
Finger post of magic
WINNING COME BACK!
POISON ROCK'N'ROLL
RUNNERS HIGH

確かめにいこう
BLUES DRIVE MONSTER

この世の果てまで

MC1
さ「昨日、ライジングのオンエア見た?
昨日も同じ話したんだけど、
まぁ、シンちゃんのせいで雨だったんだけどさ、
なんか霧雨みたいな小さい雨粒が
ぶわーかかってきて、
前半はまだセーフだったんだけど、
後半は
”うわ、もしかしてあの人・・・w”
みたいになってて(笑)
で、昨日ライブ終わった後
マネージャーの三浦に“オンエアどこ使ったんだ?”と聞いたら
”後半です”
って言われて(笑)
いや、別にハゲてるって勘違いされるのはいいんだ。
ただ!
”アイツもしかして、
・・・ヤバくなったからパーマかけたんじゃね?www”
って思われるのが嫌なんだ!

MC2
さ「しんちゃん、
オレの為に今日もそのTシャツ(バンビT)を着てきてくれたのかい」
し「だんだん気に入ってきました」
さ「ダンスの準備はいいか!?恋する準備はいいか!?」
→TokyoBambi

MC3
客「さわおパーマいくら?」
さ「タメ口ぶん殴るぞ。前歯全部へし折るくらいにな。
・・・8000円です(笑)
中野はちょっと安いんだよね。
ところでPeeちゃん、昨日ライブの後機嫌良かった?」
P「あれですか(笑)」
さ「なんかシャワールームから鼻歌聞こえてきてさ、
”現在、過去、みら~い~”って(笑)
P「別に最初から歌つけて歌ってた訳じゃなくて、
鼻歌で”ふんふんふふふふ~ん~”って歌ってたら、
隣のシャワールームからしんちゃんが
”現在、過去、みら~い~”って歌いながら出てきたんだよ」
さ「みんな歌ってるから俺も続けて歌わなきゃならないのかと思ったわっ!」

MC4(新曲の後、レディバのイントロ流すレコーダが故障)
さ「なんか、しんちゃんが×って(笑)」
客「メロディよかった!」
さ「メロディは大阪で作った曲ですが、
次の曲はLos Angelsで作った曲です」
→Ladybird GIrl

MC5
し「HDDレコーダーが壊れてしまいました。
・・・どうすればいいんでしょうか?」
さ「・・・まぁそういうことは楽屋帰ってから相談しよう」

し「昨日なんにもしてないのに体が重いんです」
さ「いや何もしてねーってことは無いだろ!
めちゃめちゃライブしてたじゃん!
まさかいつかの広島の時みたいにライブやったこと覚えてないんじゃ?
もうライブやった事自体覚えてねーの(笑)
しかも、記憶ないのに文句無しに全然上手いの(笑)」

し「2000人もいると、
1人くらい本気にする人がいるかも知れないので言っておきますが
昨日ライブやったことはちゃんと覚えてます。」
会場から拍手
さわお「そこ拍手はいらねーだろw」

MC6
さ「淳はパーマいくら?」
淳「はい?・・・わざわざパーマかけるヤツの気が知れませんが・・・
ところで、さっきの鼻歌の話なんですが、
Peeちゃんの鼻歌で一番衝撃をうけたのは、
水戸黄門でした。その曲は無いだろ。」
さ「じゃあ、
ピロウズのマフラー王子(首にタオル巻いてたから)
言われてますが(笑)」
P「ピロウズなんて、水戸黄門みたいなもんですから」
さ「全く分かりません!
・・・じゃあしんちゃんも首にタオル巻いて
・・・ピロウズの乞食王子。」
し「乞食でーす。
さっきの淳の話は、
”ロックバンドのギタリストらしからぬ選曲が良くないんだ”
って事ですよ!
このバンビちゃんもすっかり気に入ってきまして、
これはもう自分の為にデザインされたのかと思うくらいですね。」
さ「オレも、このTシャツ、しんちゃんの為にデザインしたような気がしてきたわ」
し「顔までひっくるめて一つのデザインみたいなね。
シカの上にタヌキが乗ってるっていうね」
客「はちべぇ~」
P「ハチベエって言われてんぞ(笑)」
し「ハチベエでーす」
さ「そういう真鍋君は由美かおるだろ(笑)」
し「では!水戸黄門みたいな曲を!」
ここでさわお、バスター君を持ってきて印籠みたいなポーズw

MC7
さ「いやーオレ、音楽好きだわ~
っていうかロックが好きだわ~
・・・っていうかピロウズが好きだ!
音楽に出会えてよかった!
音楽が出来る才能があってよかった!
そして、
ピロウズを理解してくれる君達に出会えてよかった!
10年前は、
まさかこんな楽しいオッサンになれるなんて思ってなかったよ
ありがとう」
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
the pillows PIED PIPER TOUR @ Zepp Tokyo(0920)
2008-09-21 Sun 02:37
SET LIST

No Surrender
Mr.Droopy
Voice
PIED PIPER
New Animal
バビロン 天使の詩
Across the metropolis
Tokyo Bambi
Go!Go!Jupiter
Midnight Down
スケアクロウ
Tokyo Zombie
Last Holiday
ICE PICK
like a lovesong
メロディ(新曲)
Ladybird girl
Purple Apple
That's a wonderful world
Finger post of magic
WINNING COME BACK!
POISON ROCK'N'ROLL
Advice

GOOD DREAMS
Skinny Blues

Funny Bunny

MC1
さ「久しぶりじゃないか!東京!楽しもうぜ!」

MC2
さ「今、唐突に思い出したんだが、
ライジングの映像ってもう流れた?」
客「今日!」
さ「え?今日なの?
・・・なんか、あの日の雨って真っ正面から来る感じで、
オレ、あの日は前髪だけスプレーでセットするの忘れてさ~
他の場所はガッツリセットしてあんのに、
前髪だけ・・・な感じで(笑)
え?あの人・・・もしかして、みたいな(笑)
違いますよ!
ライブ前半の方は割となんとかなってるんだけど、
後半はもう・・・
あぁ、どうか前半がオンエアされますように・・・(お祈りのポーズで)
もしネットとかで見た人が
”あの人実は・・・”
とか言ってたら、本人が
”ちがいます!”
って言ってたって伝えて下さい(笑)
で、ぱっと後ろ振り返ったら、
しんちゃんは全くいつもと一緒で(笑)
まぁしんちゃんは(カツラを取り替える仕草)だから(笑)」
し「ウォータープルーフだからね(笑)」
さ「ただ、こういう事言うと、
本当に冗談が通じないヤツとか出てくるからな!(笑)」

MC3
さ「しんちゃん、今日もそのTシャツ(バンビT)カワイイね。」
し「もうね、タカトシみたいに今後はこれで行こうかな。
次回は背中にランドセルとか背負っちゃったりしてね。
・・・って言えってさっき言われました(笑)」
さ「踊る準備はいいか!?恋する準備はいいか!?」
→TokyoBambi

MC4
さ「もうずっと全国をツアーで回ってて、
各地のホテルでどんどん新曲が生まれてるよ!」
客「イエ~!」
さ「いやオレ、これまでいい曲しか聴かせた事無いだろ?(笑)
ここはもはや盛り上がる所じゃないから(笑)
もう4曲新曲が出来ていて、
つい2週間前、大阪のホテルで1曲出来たんだ。
それから各地のスタジオでセッションして、
今夜はもう披露しちゃおうかな~と!
出来て2週間しか経ってないんだぜ!?
じゃあ・・・”メロディー”」

MC5
さ「ベース、淳」
淳「エゾの後、15周年のDVDを見てたんですが、
まるで別人の自分が映ってました。
まぁ・・・太ったって事なんですけど(笑)
そんとき着てたTシャツは、今はパジャマになってます(笑)
今回はツアー序盤の体形を戻して帰ってこれて良かった」

さ「真鍋君…君は10年前から全く変わらないね」
P「自分自身は変わってなくてもギターは変わってますがね。
遂に私のモデルが発売されました!(ギターを掲げる)」
さ「あれ、58万ですから!…これ45000円!w」
こっからさわおの早弾きが始まってセッション開始。
多分マイケルシェンカーグループの曲。
さ「弾けてるんだか弾けてないんだか…40代にしか分からないんじゃないか?」

さ「バンビちゃん」
シ「このバンビちゃんもね、普段は汗でバンビがびしょびしょ、
ライジングでも雨でびしょびしょ、結局いつもびしょびしょなんですよね。
ライジングの他のバンドのビデオ見てたら、
別の日に見たいに晴れてまして、
ピロウズのときだけ雨が降ってるんですが、
ビデオを見た人には是非”同じ日だよ”と伝えてあげて欲しいと思います」
さ「・・・死ねばいいのに」
し「今日も台風が来て、あわや中止の危機だったわけですが」
さ「うん、死ねばいいのに」
し「でもあれですね、
もし今日台風が来てたら明日の公演も中止になってたかもしれないし」
さ「そりゃ、オレが殺してるからな!」
し「まぁ、無事台風一過というヤツでありまして、
そういえば小学校の時なんかは
”台風一過”を”台風一家”と間違ったりしましたよね。」
さ「これも40代にしか通じないんじゃないか?(笑)」
し「そんな台風一家に捧げます!」
→魔法の道標

MC6
さ「先日、19周年を迎えました。
19年もやってると、
全然覚えたくもないのに嫌でも覚えちゃう顔ってのがいてさ、
東京なら1年に何度もやってたりするんだけど、
地方なんて1年に1度しか行かないじゃない?
オレは、君たちの為になんてこれっぽっちも思ってないが、
でも、ずっと昔から手紙をくれたりする子もいたりしてさ、
親とも上手く言ってない、
学校では虐められる、
”今日も学校校に行かずにブルースドライブモンスターを聴いてました”
なんて手紙を送ってくるんだよ。
いや、君たちは笑うかもしれないけど、
当の本人からしたら笑えないぜ?
そんな、何よりも音楽が大事、
店に行っても、
今日はゲームを買おうかとか、CDを買おうかとか、
もうそんなレベルじゃなくて、
もう何よりも音楽が大事なヤツがいるんだ。
全く話した事なくても、
”あ、金髪になってやがる!”とか
”コイツ、彼氏出来たのか!”とか
そんな、覚えたくないのに覚えちゃう顔ってのが、
年に1回しか行かない地方なのにいるんだよ。
君たちの為に音楽をやってるなんてこれっぽっちも思ってないんだが、
でも、
一瞬でも心が一つになる、そんな瞬間がある事を信じて、
これからも音楽を続けて行きます。」
→Good Dreams

さ「これからも、君らが好きな曲を作ってみせる!」
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
| I don't wanna be stereotype... | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。