Music , Graphix Design and Life Style.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ゼミゼミゼミゼミゼミナール
2008-11-16 Sun 22:34
ということでゼミです。
明日は専攻のゼミで発表。
明後日は講座のゼミで発表。
なのでここ数日プレゼン作成とかで死んでました。

と、ここまで書いてふと思ったが、
もしかして普通の人って、
研究科とか専攻とか講座とか研究室とか、
その辺の概念があやふやだったりするんだろうか?

なのでちょっと図にまとめると以下のような感じです。

大学
 |_学部(研究科)
 |_学科(専攻)
 |_講座
 |_研究室

という感じ。
例えば
工学部 情報工学科 計算機科学講座 pittz(教員名)研究室
みたいな。

これが大学院になると
工学研究科 情報工学専攻 計算機科学講座 pittz(教員名)研究室
みたいになるわけ。

ただ、規模が小さい大学だと講座は無かったりするけど。

講座って何かって言うと、
同じ分野の研究室が複数集まって構成されるのが講座ってやつです。
基本的に教授、助教、准教授、客員教授の各研究室で1講座は構成されます。
講座の例

うちの講座は4つの研究室が集まって構成されてるんですが、
基本的にうちのゼミは講座単位でやってます。
さらにうちの研究室、ドクターが20人近く居るので、
マスターとドクターのゼミは別でやってます。
他の講座だとドクターと一緒のとこもあるみたいね。
研究室によっては研究室ゼミもあるみたい。

で、オレの場合はその講座のマスターゼミが週2回。
ちなみにゼミの内容だけど、
うちのゼミだと1回(90分)につき2人発表者がローテーションされて、
45分ずつ各学生が自分の研究について進捗を発表する、
っていう形式です。
大体3週間に一回くらいのペースで回ってくるかな。

とにかく45分間、自分なりに研究進捗を提示して、
それに対して参加者全員で疑問点やアドバイスを話し合うって感じ。
で、出た課題に対して次のゼミで進捗を報告する、って流れです。

で、長かったがここまでが講座ゼミのお話。
次に専攻のゼミですが、
こっちはまぁそのまんま、
同じ専攻のM1(40人くらい)が集まってゼミをするってだけで、
これは週1回あります。
発表時間はひとり30分。
内容は自分の修論に関連する専攻研究の論文を紹介するって感じ。
これもローテーションですが、
人数が人数なんで発表は半年に1回だけ。

・・・そしてその半年に一回が明日なのよ。
しかも明後日も講座のゼミで発表なのよ。

45分間自分でゼミを作らなくてはならないので、
やたらプレゼン能力は上がるんだが、
おかげでTOEICの勉強全く出来てないんだけど。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<日刊「pittzのじゃばじゃばしてアゲル♪」のコーナー | I don't wanna be stereotype... | programmable rejection>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| I don't wanna be stereotype... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。