Music , Graphix Design and Life Style.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
生きてるだけさ、怖いものなんてない。
2008-12-16 Tue 00:57
ということで、
the pillows LOSTMAN GO TO YESTERDAY TOUR @ 赤坂BLITZ
に行ってきました!

=Set List=

RAIN BRAIN
STALKER
Degeneration
FUN FUN FUN OK!
Juliet
Sick Vibration
Beehive
Moon is mine
ウィノナ
昇らない太陽
Nowhere
Wake up, Frenzy!
サヨナラサマー
シュガー・ナイトメア
Skim heaven
HERT IS THERE
SUISIDE DIVING
サリバンになりたい
Ritalin 202
モールタウン プリズナー

EN1
Paper Triangle
ムーンマーガレット

EN2
No substance

MC1
さ「みんな元気?先日、40歳になりました。
で、さっき楽屋でマネージャーの三浦と新井さんにプレゼントを貰ったんだが、
”シミやくすみ対策に”って書いてあるクリニークの化粧品だったw
あのー、シミとかくすみがあること前提ですか?(笑)
・・・次、会う時はきっとキレイになってるから(笑)」

MC2
さ「ちゃんとFor Maniac Fansと書いたにも関わらず集まってしまいましたね。
大体、一般人からしたら、
ピロウズのシングル並べられてもマニア向けだっつーの(笑)
そんな君達の普段が心配でしょうがないんだが(笑)
・・・きっとどうしようもないダメ人間ばっかり集まってんだろうが、
今日は可愛がってやる!」

MC3
さ「次にやる曲は”昇らない太陽”という曲なんだが・・・
この曲を書いたとき、僕は人生何期目かの落ち込んでた時期で・・・
あ、ちなみに青春時代から20代はずっと暗かったって思ってくれていい(笑)
丁度ハッピービバークを出した頃、
キングレコードの経営者が変わって、経営方針も変わってしまって、
ハッピービバークの次のアルバム、
Smileなんてシングル切ってないじゃない?
あれもキングレコードの経営方針が変わって、
”ピロウズなんかシングル出しても売れねぇから出すな!”
って言われたからで。
でも、PVを撮らないと映像の仕事はゼロになってしまうから、
一応PVだけは撮ったんだ。(参考1)
その後のアルバム、Thank you My Twilightも、
バビロン天使の詩のPV覚えてる?
あんな感じになっちゃって(笑)
まぁ、あれはどっちかって言うとプロデューサーとの行き違いなんだけど(笑)
自分はサロンミュージックのPVみたいなのをイメージしてたんだけど、
なんか、あんな感じに(笑)
リトルバスターズ、ランナーズハイあたりでCDの売り上げも伸びてたし、
ライブの動員も、前のBLITZってこの倍くらいの広さがあったんだけど、
それもほとんど埋まってたし、
でも経営方針が変わってプロモーションに使う金はガクンと減らされて・・・
僕は、それでも音楽だけは繋がっている、そう思ってたんだけど、
”インスタントミュージックみたいなのは違うと思います”
みたいな事も言われて。
そんな感じで、予想外の出来事が重なって、
どんなに良い曲を作ってもその努力が報われないんだ、
俺って売れないんだって思ってたのがThank you My Twilightの頃だった。
そんな状態で、
病院に行ったら鬱と診断されるぐらいの精神状態で「昇らない太陽」を作ったんだけど、
まぁ、行かなかったからセーフだったんだが(笑)
曲が出来上がったら、
半透明の自分が抜け出して”やった!良い曲できた!イエ~!”って言ってるんだよw
怖いよなw
・・・例えば仮にしんちゃんが死んだとして、
とても悲しい気持ちになるんだろうけど、
それですばらしい曲が出きたらやっぱり”イエ~!”って言うんだろうな(笑)」

MC4
さ「今日はマニア向けなので、
普段はやらない曲もやろうと思ってて、
PUFFYにこれまで3曲、曲をお願いされて提供してるんだが、
・・・なんかPUFFYに曲をお願いされるって、
ソングライターとしては、ステイタスじゃないか(笑)
その中で一番好きな曲をやろうと思います。」

MC5
さ「次はV6からお願いされた曲で、
三宅君がピロウズを好きで、一応3曲提供したんだが、
そのなかで選んでもらった曲を」

MC6
客「札幌から来たよ!」
さ「あのー、、、僕は小樽市の銭函という村の出身なんですが(笑)、
先日、母、愛子が70歳になりまして、
我が家は50、60、70みたいに、
10歳刻みで誕生日には親族が集まるっていうイベントがあるんですね。
うちは男3人兄弟なんだけど、兄の子供たち、
まぁいとこにあたるんだけど、そいつらがみんな吹奏楽部で(笑)
夜中まで演奏してんだよw
で、真ん中の兄がどんな曲でも即興でギター弾けちゃう人で、
いろいろやらされてたんだが、
最近、うちの母親は熱狂的なピロウズファンでw
今日も来てるんだけど、
もちろんアナザーモーニングを歌ったんだが、
最後終わったとき、
”もうワンコーラスだけやって”
って言うんだよ。
なんで?って聞いたら・・・あぁコレ言ったら後で怒られるかな(笑)

”踊りたい”

って(笑)
兄貴の嫁も
”衝撃発言?”
とか言ってて(笑)
”あ~どんなに~”って歌ってる横でこんな(ツイスト)やってて(笑)
いや~、、、凄い、、、」

MC7
さ「ベース、淳」
淳「自分も先日40になりました。誕生日のプレゼントにPEEちゃんから
藤岡藤巻さんのCDを貰いました。
それまではシンちゃんとPeeちゃんが聴いているのを、貸してと頼んでも
”お前にはまだ早い”と言われて 聴かせてもらえなかったんですが、
やっと解禁してもらいました。心に染みます。」
さ「え、俺CD貰ってないけど?・・・って淳それで終わり?
フェードアウトかよ、じゃあ真鍋君」

P「私も家族ネタ言っていいですか?
私の妹が家職である美容師やってるんですが、その妹から昨日、
”雑誌のananにピロウズが載ってた!”とメールを送って来たのですが、
”藤田さんがピロウズのこと好きなんだって”
とあったので、どの藤田さんのことか分からなくて
”まこと?”
と 返信しました。
藤田って誰?プロレスラー? 」
さ「お前アホか!大体嘘じゃねぇの?
こんなに人がいるのに反応が無いってことは。
藤田さんって誰だか知ってる?」
客「編集部の人!」
さ「あ、ananの編集部の人ってこと?
・・・そんな小さなことで騒ぐバンドですw」
じゃあ、しんちゃん」
し「死んだことにされたシンイチロウです。
先ほどから皆さん家族愛に溢れたお話をされていますが、
バンビ共々、家族愛に溢れたピロウズを今後とも宜しくお願いします。」

MC8
さ「ピロウズは、レコード会社からのジャンプ台でジャーーーーンプ
・・・出来なかったバンドなので(笑)
ずっと地道に、
一歩一歩歩いて、
1曲1曲良い曲を作って、
1回1回良いライブをやって、
聞いてくれた誰か、
どうか好きになってくださいw
って気持ちで、これからもやって行きます!(笑)」

参考1

あのエピソードを聞いた後だと、
かなり悲しい映像にも見える・・・
スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0
<<2008年を振り返る | I don't wanna be stereotype... | 忘年会だけに曲も忘れた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| I don't wanna be stereotype... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。